スーツの人

アパート経営をするのなら失敗談も知っておくべき

マンション管理の方法

集合住宅

自分に合った方法の選択

マンション経営を行う場合、大切なのが将来に渡ってのマンション管理になります。対象となるマンションの数が多ければ多いほど、管理も大変になってきます。そのためマンション管理会社に、全体の管理を依頼する人も少なくありません。マンションの管理会社というのは、分譲マンションの管理全般を引き受けてくれる会社です。マンション管理適正化法が2001年に施工により、マンション管理事業を行う会社は国土交通省に登録することが義付けられました。現在、登録している管理会社は2200社以上にのぼりますので、この中から条件の良い会社を見つける必要があります。マンション管理会社の管理は、全部委託と一部委託に分かれます。全部委託というのは、マンションの管理に関するすべての業務を管理会社に一任する方法です。そのためオーナーは、管理についての基本方針を決めるだけで済みます。あとの管理は管理会社に任せておけばいいので、時間と手間が省けます。また一部委託は、管理費などの出納業務や管理員派遣など、一部の業務を委任する方法です。一部委託は全部委託と比べ、手数料などをカットできるメリットがあります。工夫すれば管理費の大幅削減も可能ですが、専門会社に直接発注する業務などは、マンションオーナー自らチェックする必要があります。このように、マンション管理会社に管理業務を一任するメリットは様々です。マンション管理会社が行う全部委託と一部委託、それぞれにもメリットがありますので、契約する時はその内容をしっかり把握しておいてください。