積み木

アパート経営をするのなら失敗談も知っておくべき

必要事項をきちんと記入

賃貸保証会社の審査を早くするには、申込書類の不備や添付書類のつけ忘れを防ぐことが大切です。申込書の記入では、勤務先の電話番号や住所の番地を省略していたり、緊急連絡先の記入に不備があることが多くなっています。

マンション管理の方法

マンション経営では、その後の管理教務が大変です。自分で管理する人もいますが、時間と手間を考えたら、マンション管理会社に依頼するのも一つの方法です。管理会社では、全部委託と一部委託がありますので、自分に合った方法を選択してください。

不動産投資の注意点

男性

注意すべき二点

アパート経営は不動産投資物件のためのローンを利用することが出来るため、その他の投資と比べて少ない資金で始めることが出来ます。そのため、アパート経営は投資初心者の方からも人気を集め、今では多くの方が投資に利用しています。確かにアパート経営は少ない資金で始めることが出来ますが、空室のリスクに注意して行わなければなりません。空室が多く発生し家賃収入よりもローン返済額が上回ってしまうとその分追加で自己資金を投入しなければならなくなります。そこでアパート経営で失敗しないために力を入れたいのが物件の管理です。退去時の部屋のクリーニングや設備のメンテナンスを手抜きで行ったり、物件の周辺がゴミなどで不衛生な状態になっていると、入居者は内見の時点で部屋を借りることを止めてしまいます。そのため、入居者が気に入ってくれるように物件の管理をしっかりと行うことが重要となります。そして、物件の立地選びもアパート経営で失敗しないために非常に重要です。当然のことですが、立地の悪い物件はそれだけ入居者を集めることが難しくなるので、好立地物件と比べて失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。立地が良ければ物件が古かったり、設備がそれほど充実していなくても入居者は途切れることなくやって来ますので、空室についての心配は不要となります。こうした物件管理と立地にさえ気をつければアパート経営で失敗することはまずありませんので、アパート経営を始めようと考えている方はこの二点を頭に入れてから始めるようにしましょう。

不動産投資を考える方に

不動産を運用したいが自信がない、といった方におすすめなのが不動産会社による一括借り上げのシステムです。このシステムにより用意した物件の管理を借り上げてくれた不動産会社に任せることができるので、余計な心配をすることなく運用できます。